最近の修理事例と税別価格です。(料金の参考にして下さい。)
故障の症状と
修理結果及び
価格

LAN接続型HDD(Linuxファイルシステム)の共有ディレクトリが見えなくなりデータが読込めない。約3万6千箇所の点在する不良セクタを所要時間216時間掛け検知修復を行い一旦データを吸出しLowFormat後、本体フォーマット機能実行し再マウントする事で完全修復完了。
\60,000-
ノートPCのWindowsXPが起動画面で再起動を繰り返す為、MBRを修復し起動可能にさせる。念の為、同型モデル起動ディスクMBRのブートストラップローダ及びパーティションテーブルの基本情報と比較チェック。
\20,000-
内蔵の増設HDD160GBがBIOSに認識されているがWindows上でドライブとして認識しない。MBR及び不良セクタの修復を行った後、一旦他のHDDに約70GB分のデータを吸出し、LowFormat後にデータを元に戻す。160GB全体で約3.2億セクタ中の約3万セクタもの点在する膨大な不良セクタを所要時間192時間掛け検知修復を行った。
\60,000-
電源を投入すると途中ブラックスクリーンになり、「NTLDR is missing」と白文字メッセージ表示されWindowsが起動出来なく成った。
BOOTセクタの修復によってWindows起動、復旧完了。
\20,000-

事務用PCのUSB外付けとして使用中、突然ドライブが見えなく成った。
MBR修復でIDEにてドライブ認識、一旦データを別ドライブへ抜き出し、念の為LowFormat後にデータを元に戻し、復旧完了。
\28,000-

HDDがBIOSに認識されない為、BIOSに認識させたが、MBR(ドライブの先頭セクタ)のパーティションテーブルの情報が無くなっている為、ドライブとして認識しない。MBR、パーティション復活後、新品のHDDにデータの吸出しを行った。
(新品HDD代は別途)
\40,000-

WindowsXPがブルースクリーンとなり再起動を繰り返す為、MBR、ブートセクタ修復及び不良セクタ修理。
\40,000-

起動ドライブ40GBを200GBに移行増設。
(新品HDD代は別途)
\20,000-

突然Windowsが起動しなくなりHDDから異常音が発生し、BIOSでも認識していない為、故障パーツの交換後、システムIDを変更。更にMBR及び不良セクタ修復を行い約100GBのデータ吸出し作業を行った。
\40,000-

WindowsXPを起動し、エクスプローラ上で増設の保存用Dドライブをクリックし、中を見ようとすると、「フォーマットしますか?」とポップアップメッセージが表示され中が見えない為、システムIDを変更とMBRを修復を行った。
\20,000-

電源を投入するとBIOSの初期画面は表示されるが、途中ブラックスクリーンのままでWindowsXPが起動しない。BOOTセクタの修復と不良セクタの修復を行い起動可能に復旧させた。
\35,000-

HHDの物理的損傷でBIOSに認識されない為、故障パーツを交換。
MBR、BOOTセクタ不良を修復し、可能な限りのデータの吸出し作業を行った。
\40,000-

修理の作業内容や組み合わせ及び修理に要する所要時間等により、多少料金が異なります。

此方からどうぞ。

お問合せメール
メインページに戻る